3つの無線通信規格に対応する新型チップ「Wanda」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Texas Instrumentsは、3つの異なる無線通信方式を相乗りさせる新型チップ「Wanda」を開発した。このチップを搭載した携帯端末は、無線LAN規格の802.11b、欧州などで標準の携帯電話規格GSM、近距離無線通信技術のBluetoothをすべて一台でカバーできる。バッテリーを長持ちさせるため、同社では現在省電力技術の開発を進めており、今後の製品開発に反映させる予定だ。今年末までには、Wandaチップを搭載した最初の携帯端末が登場すると同社では見ている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加