NTTドコモ、「固定発の通話料金値下げ」の報道を否定

ニューズフロント(CNET Japan特約)2003年03月14日 16時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは3月14日、同日の日本経済新聞朝刊に掲載された「ドコモ、2年半ぶり値下げ、固定発3分70円に」の報道を否定するコメントを発表した。

 日本経済新聞の記事では、「NTTドコモは固定電話から携帯電話へかける通話料金を現在の3分80円(平日昼間)から同70円に下げる方針を固めた。3月中に料金改定を総務省に届け出、5月から全国一斉に値下げする方向で調整している」などと伝えていた。

 これに対しNTTドコモは、「日頃から利用者が利用しやすい料金設定を検討しているが、現時点で具体的に決定しているものはない」(同社)と否定している。

NTTドコモ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加