logo

マイクロソフトが6月にもWindows向けiSCSIドライバを提供開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは3月12日、Windows 2000(ClientとServer含む)/XP、そしてまもなく登場するWindows Server(旧名Windows Server 2003)向けのiSCSIドライバのダウンロードサービスを、2003年6月に開始すると発表した。iSCSIは、イーサネットなどの汎用ネットワークインターフェイスを使ってストレージを管理するための規格で、先月に標準化が完了していた。同社は、iSCSIの標準化が実現しだいWindows向けのアップデータを提供すると発表しており、その公約を果たした形だ。調査会社GartnerのアナリストJames Opfer氏は「OSによるiSCSIサポートが、標準をサポートしたストレージ機器の展開を容易にする」と話す。

-PR-企画特集