logo

復活の見通し厳しい米IT投資

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 投資信託会社Goldman Sachsの調査によれば、2003年初頭における米国企業のIT投資は安定している状況であるものの、これから先も順調に推移していくと語るには時期尚早だという。米国リーディング・カンパニーのCIO 100人を対象にした調査で、2003年のIT投資は実質的に横ばいとなることが分かった。現在のところ、2002年12月の1%の落ち込みの反動でわずかな上昇を示しているが、最終的な結果としては2002年秋の調査より2〜3%の成長にとどまる模様だ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]