マイケル・モリッツ、ヤフーの取締役を辞任

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大手ポータルYahooは3月11日、投資家でSequoia CapitalのパートナーであるMichael Moritzが同社の取締役を辞任したと発表した。辞任の理由としてYahooは、自身の所有する投資会社により多くの時間を使いたいという本人の希望、と説明する。Moritzの後任にはActivisionのCEO、Robert Kotickが就任。MoritzはGoogleやSaba Softwareなど複数の企業の取締役を務めている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加