logo

チップメーカー、不正コピー防止機能の内蔵計画を棚上げ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最近まで、多くのチップメーカーにとって不正コピー防止機能をチップ内に内蔵させることは夢であった。その作業は、動作スピードのアップや省電力化と並び、非常に困難なものとして知られている。ある著名なセキュリティ技術の研究者は、ソフトウェアベースで実現されたものよりも、ハードウェアベースのもののほうがセキュリティ的に強固になるという。しかし、チップメーカーは最近、ソフトウェアによるコーディングに重心を移している。ハードウェアベースのものよりも低速で安全性が低い代わりに、変化の早い市場に迅速に対応できるというメリットがある。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]