T-Mobile、2002年の新規加入者は前年比40%増

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 携帯電話事業者のT-Mobileは3月10日、2002年の業績が米国の携帯電話業界での予想を上回るものだったと発表した。同社は米国内で6番目の規模を誇る事業者だが、2002年の新規加入者は290万人となり、2001年から40%の増加になったという。IDCの携帯電話関連アナリストのKeith Waryas氏は、「米国の景気低迷と合併のうわさがつきまとう携帯電話業界において、この結果は驚きだ」と語る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加