logo

コンピュータ・リサイクル法案、再び

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 3月6日(米国時間)、コンピュータのリサイクルに関する国レベルでのインフラ整備促進を目的とした法案が米国議会に提案された。H.R. 1165と呼ばれるこの法案は、PCやモニタなどの購入時に最大10ドルまでの料金を徴収するものである。徴収した料金は、PCメーカーなどのリサイクル活動推進に利用される予定だ。米国では、去年の夏にも同様の法案が提出されたが、審議は進まなかった。今回は2度目のトライとなる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]