「Wi-Fiとは補完関係」攻勢に乗り出す電力線ネットワーク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネットワーク機器メーカー各社が、電力線ネットワークの分野で攻勢をかけようとしている。Siemensは2002年11月より、第2世代の電力線ネットワーク製品を市場に投入している。NetGearなどほかのメーカーも、2003年夏での市場参入に向けて準備を進めている。Siemens副社長のDavid Schmertz氏は「電力線ネットワークと(現在人気の)Wi-Fiは相互に補完関係にあり、置き換えを狙うものではない」と、市場を住み分けを強調している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加