風力発電施設がWind Riverの組み込みOSを採用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 non-PCなどの組み込み機器向けソフトウェアで大きなシェアを持つWind Riverは、同社の組み込みOSのVxWorksがデンマークの風力発電所の制御システムに採用されたと発表する。同社は、Red HatやMontaVistaのようなLinuxベンダやMicrosoftと、組み込み機器分野で競合している。最近では、発電所などの重要施設にソフトを提供するVeranoが、Linuxサポートを始めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加