logo

MS、Windows Server 2003 OSで「DLL 地獄」問題を解消へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftがいわゆる「DLL 地獄(DLL Hell)」問題の解消に向け大きく前進した。DLL 地獄とはDLLのバージョンアップや古いDLLに新しいDLLが上書きされることにより、従来のアプリケーションが使用不能になる状態を指し、長年ユーザーを悩ませてきた。Microsoftは、Windows Server 2003サーバOS内にアップデート版DLLの上書きを防止するためのシステムを構築することにより、この問題解決を図ろうとしている。

-PR-企画特集