logo

マイクロソフト、Office次バージョン用XMLツールをベータ公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは来週、データ整理や共有のための新ソフトウェア「InfoPath」の、初の一般向けベータバージョンをリリースする。InfoPathはXMLを利用して、Officeアプリケーション間でのデータの受け渡しを行なうツールで、Officeの次バージョンに含まれる予定。Officeにはこの他にもう1つ、新エディタ「OneNote」が含まれる模様。MicrosoftはInfoPathでXMLに広く対応することにより、Officeを単なる生産性向上ソフトの集まりではなく、Windowのようなプラットフォームとして新たに位置付けようとしている、とアナリストは指摘している。

-PR-企画特集