米国消費者のオンライン有料コンテンツ利用額が倍増

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国の消費者は、インターネット有料サイトの契約サービスに昨年1年間で13億ドルを費やしており、前年の倍近くの金額に達したことが、新調査結果で明らかになった。最も割合が高いのはオンラインデートサイトの利用によるもので、前年比3倍近い3億200万ドル。同調査によると、昨年の有料コンテンツサイト上位5位は、Yahoo、Match.com、RealNetworkのReal.com、Classmates.com、Dow JonesのWSJ.comとなった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加