マイクロソフト、Windows Server 2003の価格を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは今週、4月24日発売のWindows Server 2003の価格を発表した。Windows Server 2003はWindows 2000やWindows NTの後継OSにあたる。新価格では、利用ユーザーもしくは利用機器ごとにライセンスが必要となる新ライセンス方式が反映され、ソフトウェア購入者はクライアントアクセスライセンス(CAL)も同時に購入しなければならない。Standard Editionは5CALで999ドル、10CALで1199ドル。Enterprise Editionは25CALで3999ドル。新設された簡素版のWeb Editionは399ドルでCALは不要。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加