logo

日本IBM、Lotus Notes/DominoとEnterprise Integratorの新版を発表

ニューズフロント(CNET Japan特約)2003年03月03日 15時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBMは、「IBM Lotus Notes/Domino 6.0.1」と「IBM Lotus Enterprise Integrator 6.0.1」の出荷を3月7日にも始めると発表した。

 両製品は“メンテナンス・リリース”と位置づけるバージョンとなる。主に障害修正を目的とするが、6.0.0のリリース時で実装が延期されたローミング機能やシングル・コピー・テンプレート機能を追加する。また、MacintoshとSolarisの最新版に対応する。

 ローミング機能は、同じドメイン内にあるNotesクライアントを自分のNotes環境で利用できるようにする。ローミング・ユーザーとして設定されたユーザーのデータはサーバに格納され、利用開始時と終了時にクライアントとの間で複製が行われる。

 シングル・コピー・テンプレート機能は、設計情報を個々のデータベースに格納せず、テンプレートを参照することでストレージ消費の削減を図る機能。同製品はIBM製品を多く発注する顧客向け販売割引制度「パスポート・アドバンテージ」でのみの販売となる。

IBMの製品情報

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]