logo

東芝、車内LAN用高速光伝送デバイス

ニューズフロント(CNET Japan特約)2003年02月24日 10時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は2月20日、自動車内LAN向け光伝送デバイスを開発し、4月からサンプル出荷を始めると発表した。周辺温度が-40度から85度の環境で125Mbpsの高速伝送が可能で、またユーザー仕様に応じて最大で150Mbpsまで高速化できるという。

 「車内LAN向け高速通信規格ではMOST規格が主流となっているが、新製品はその約3倍の通信速度でシステム構築が可能」(東芝)

 同デバイスは送信側の「TOTU133」と受信側の「TORU133」で構成する。同社は、光信号への変換を1パッケージで実現するデバイスとして、デジタルオーディオ機器やFA機器などに向けた「トスリンク」を販売しているが、TOTU133とTORU133はこのトスリンクの新製品として販売する。同社の従来技術を組み合わせ、車内LAN用として設計を最適化したという。

 サンプル価格は、TOTU133とTORU133のペアで2000円。量産開始時期は今年10月。月産50万ペア規模の量産を予定する。

東芝のプレスリリース

-PR-企画特集