logo

日立ディスプレイズ、国内子会社を再編

ニューズフロント(CNET Japan特約)2003年02月18日 13時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立ディスプレイズ(日立DP)は2月17日、国内子会社である日立デバイスエンジニアリング(日立デバイス)、日立エレクトロニックデバイシズ(日立ED)、千葉エレクトロニクスの3社を、7月1日付けで統合・再編すると発表した。

 3社の事業は今後設立する2つの新会社「日立ディスプレイテクノロジーズ」と「日立ディスプレイデバイシズ」に移管する。

 新会社、日立ディスプレイテクノロジーズの事業内容は、FDP(フラットパネルディスプレイ)後工程製造とカラーフィルタ製造。千葉エレクトロニクスと日立EDのFDP後工程製造部門を統合し、日立DPからもFDP製造の一部業務を移管する。

 もう1つの新会社、日立ディスプレイデバイシズの事業内容は、FDP部品、マグネトロン、電子機器・製造装置の設計製造など。日立EDの部品事業部門と日立デバイスの製造設備・ソフトウェア・半導体の設計事業部門を統合する。

 両社とも本社は千葉県茂原市。資本金と代表者はともに未定。設立時の従業員数は、1200人(日立ディスプレイテクノロジーズ)と550人(日立ディスプレイデバイシズ)。

日立ディスプレイズのプレスリリース

-PR-企画特集