logo

日立とNRI、基幹業務システムを短期間でWeb化

ニューズフロント(CNET Japan特約)2003年01月28日 09時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所と野村総合研究所(NRI)は、基幹業務システムを短期間でWeb化する製品群を共同開発したと1月27日、発表した。

 日立の分散トランザクション処理用ミドルウェア「OpenTP1」上で稼動する基幹業務システムのWebシステム化を支援する開発環境である。日立はこれをWebアプリケーション開発環境「Cosminexus Studio」に追加する。

 さらに両社は、「Cosminexus/OpenTP1 Webフロントエンドセット」を商品化したことも明らかにした。これは、Webアプリケーション実行環境「Cosminexus Application Server」と「OpenTP1」との連携ソフトウェア、そして基幹業務システムとWebフロントシステムを接続するNRIの「オブジェクトワークス」をセットにしたものである。

 「Cosminexus Studio」「Cosminexus/OpenTP1 Webフロントエンドセット」ともに、1月29日に出荷を開始する。価格は前者が40万円から、後者は370万円から。

日立製作所のリリース

-PR-企画特集