logo

日本IBM、Webアプリ用ソフトに携帯の連携機能を追加

ニューズフロント(CNET Japan特約)2003年01月23日 16時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBMは、同社のWebアプリケーション用ソフトウェア製品「WebSphere Everyplace Access(WEA)」で、携帯電話と業務システムとの連携を実現する機能拡張を提供する。同社が1月23日に開発意向を明らかにしたもの。

 WEAは、企業の業務アプリケーションにPDAなどのモバイル機器で接続するインフラを提供するソフトウェア。今回開発する機能拡張では、各社の携帯電話機に搭載するJava環境で稼動する機能を開発する。2003年の4〜6月期にも提供を始めるという。

 具体的には、携帯電話機のJava環境とWEAサーバを介して、携帯電話のユーザーがグループウェア「Lotus Notes/Domino」などのメール、予定表、電話帳、業務システムのデータベースを利用できるようにする。

日本IBMのリリース

-PR-企画特集