お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Web 2.0の挑戦者:プログラマフレンドリーなバグトラッキングシステム16bugs

2006/06/30 08:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

16bugsのMichele Finotto氏がメールでのインタビューに応じてくれた。

16bugsはどのようなサービスを提供するWebアプリケーションですか。

16bugsは、バグのトラッキングを簡単にするためのアプリケーションです。今あるたいていのソフトウェアはインストールも利用も簡単ではなく、機能が多すぎて中小規模のプロジェクトにはかえって使いにくいようなものが多いのです。

このプロジェクトを始めたきっかけは何ですか。

自分が開発中だったMac用アプリケーションのために、見栄えが良くて使いやすいバグトラッカーが必要だったというのが、16bugsを始めた理由です。後に、これを公開したいと思うようになりました。

16bugsの運用や拡張にどのくらいの時間を割いているのですか。本業はお持ちですか。

空き時間のほとんどを費やしています。現在は大学に通っているので、夕方から夜にかけての時間のほとんどを16bugsの仕事に向けています。

スタッフは何人くらいいるのですか。また、あなたの経歴をお聞かせください。

16bugsはわたし一人で進めているプロジェクトです。現在イタリアのPolitecnico of Milan大学でコンピュータ工学を勉強中です。その前は、高校でコンピュータ技術者の単位を取得し、プログラミングは12歳からやっています。現在21歳です。PHPを使ってWebアプリケーションを開発し始め、教師がオンラインテストを作成するためのオープンソースアプリケーションを発表しました。1年半前にRuby on Railsを使い始めたのですが、すぐに気に入りました。16bugsはRuby on Railsで書いた最初の本格的なアプリケーションです。

あなたの設計哲学は何ですか。

できるだけシンプルなものにすることです。機能については、決してだれも使わないような機能を大量に盛り込むよりも、タスクを行うのに本当に必要な機能だけに絞るほうが良いと考えています。

サイトでは現在どのようなテクノロジを使用しているのですか。

Ruby on Rails、そしてバックエンドにMySQLを使っています。

ユーザーやコミュニティから最もリクエストの多い機能は何ですか。

最もリクエストが多い機能はAPIで、現在これに取り組んでいます。電子メール通知機能を欲しがるユーザーも多いです。わたし自身はその目的でRSSフィードを使っているのですが、RSSの流れには乗っていないユーザーがまだいるようだなあと感じています。

16bugsのユーザーは一部の地域に集中していますか、それとも広く分散していますか。

分散しています。

半年後に、あるいは2年後に、16bugsはどうなっていると思いますか。

現在、プログラムの粗い部分に磨きをかける作業を進めています。すぐにユーザビリティの改善にも注力する予定です。ですから、最初の半年間は16bugsの使いやすさを全体的に向上させることが第一の目標になると思います。

長期的には、ユーザー数を増やし、中小規模のプロジェクトにとって最高のバグトラッキングアプリケーションにすることを目指します。

プロジェクトを成功させるうえで最も難しいことは何ですか。

この分野の競争の厳しさです。フリーのアプリケーションもあれば、そうでないものもありますが、あまり使いやすくない、分かりやすくないものばかりです。16bugsをこの中で最も使いやすいアプリケーションに仕立てることができれば、成功するでしょう。さもなければ成功は難しいでしょう。

eHubについて

Emily Chang氏が日頃使ったり魅力を感じたり注目したりしているウェブアプリケーション、サービス、リソース、ブログ、サイトをまとめた個人的なリストがeHubである。Chang氏はネットワークに毎日アクセスし、ネットサーフィンや検索、電子メール、RSSリーダー、SMSなどで何かを見つけたときに、随時リストを更新している。Chang氏が特に関心を寄せているのは、次世代ウェブ(ウェブ 2.0)、Ruby on Rails、Ajax、ブログ、ロケーションマッピング、オープンソース、フォークソノミー、タギング、デザイン、デジタルメディアの共有だという。そのため、eHubにはそういう視点が反映されている。

eHubが当初の意図を超えて成長するきっかけとなったのは、Chang氏とMax Kiesler氏によるウェブ 2.0アプリケーションサービスの開発者へのインタビューeHub Interviewsチャネルが追加されたことだ。Chang氏とKiesler氏は、サンフランシスコにあるウェブデザインコンサルタント会社Ideacodesの共同創始者兼代表者である。CNET Japanでは、eHubを運営するEmily Chang氏の了解の下、eHub Interviewsを翻訳していく。

筆者Emily Chang氏について

Emily Chang氏は、数々の賞を受賞したウェブインタラクションデザイナー、技術戦略家で、Max Kiesler氏と共同で設立したサンフランシスコのウェブコンサルタント企業Ideacodesの代表者である。ウェブとユーザーエクスペリエンスに関するデザインや技術、次世代ウェブについてのサイトEmilyChang.comの筆者であり、人気のウェブ 2.0リソースであるeHubの作成者でもある。同氏によればeHubとは、日頃使って魅力を感じたり、注目したりしているウェブアプリケーション、サービス、リソース、ブログ、サイトをまとめた個人的なリストなのだという。

※ この記事はクリエイティブ・コモンズ・ライセンス(帰属2.5)の下でライセンスされています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社