お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Web 2.0の挑戦者:だれもが「放送局」になれるPixPO

2006/06/28 08:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PixPOのAidan Henry氏とそのチームがメールでのインタビューに応じてくれた(2006年5月)。

PixPOはどのようなサービスを提供するWebアプリケーションですか。

PixPOは、個人の所有するビデオや写真、音楽などのメディアファイルを自分のPCから「放送」するための究極のツールです。アップロードやコード変換を行う必要はまったくありません。これまではインターネットに1、2本以上の映像を載せようとするのは非常に面倒でした。それが今ではすべてのメディアファイルをPixPOに放り込み、ボタンを1つ押すだけ。これだけで、タグやRSSなどの機能を備えた自分のビデオ(メディア)ポータルが出来上がるのです。多数のビデオクリップを公開したいと考えている人にとって、飛びぬけて簡単でとても役立つツールです。

このプロジェクトを始めたきっかけは何ですか。

自分たちの経験を世界中に発信する人たちを支援しようという強い気持ちからこのプロジェクトを始めました。この当初の目的が、映像、写真、音声の分野へと除々に広がっていったのです。 UGC(User Generated Contents、ユーザー生成コンテンツ)の急増と「常時接続」ユーザーの増加も大きなチャンスとなりました。

PixPOの運用や拡張にどのくらいの時間を割いているのですか。本業はお持ちですか。

これはフルタイムの仕事です。チームメンバーはそれぞれ最低週40時間以上働いています。

スタッフは何人くらいいるのですか。また、あなたの経歴をお聞かせください。

現在は20名ほどのチームメンバーがいます。経歴は非常に多岐にわたります。技術面では、ソフトウェア開発者、サーバやITの専門家、ウェブ開発者などがいます。事業面ではマーケティング部、事業開発部があり、経営陣がいます。

あなたの設計哲学は何ですか。

第一に、最高の技術を用いて完全な機能を備えた製品を開発することです。次に、エンドユーザーが理解するだけでなくその機能を最大限活用できるようなユーザビリティと機能性を確保することです。

サイトでは現在どのようなテクノロジを使用しているのですか。

PtoP技術から生まれた「peer2web (P2W)」という手法を採用しています。P2Wを、ある非常に素晴らしいキャッシング、ルーティング、ストリーミング、最適化の技術と組み合わせて使っています。

ユーザーやコミュニティから最も多くリクエストを受ける機能は何ですか。

こうしている間にも、われわれはユーザーが自分のコンテンツやチャネルを販売できるような商用システムの開発を進めています。コミュニティ志向の仕組みも開発中です。例えば「edge of network」の検索機能、コメント、レーティング、パーソナライズ可能なテンプレートなどです。

eHubについて

Emily Chang氏が日頃使ったり魅力を感じたり注目したりしているウェブアプリケーション、サービス、リソース、ブログ、サイトをまとめた個人的なリストがeHubである。Chang氏はネットワークに毎日アクセスし、ネットサーフィンや検索、電子メール、RSSリーダー、SMSなどで何かを見つけたときに、随時リストを更新している。Chang氏が特に関心を寄せているのは、次世代ウェブ(ウェブ 2.0)、Ruby on Rails、Ajax、ブログ、ロケーションマッピング、オープンソース、フォークソノミー、タギング、デザイン、デジタルメディアの共有だという。そのため、eHubにはそういう視点が反映されている。

eHubが当初の意図を超えて成長するきっかけとなったのは、Chang氏とMax Kiesler氏によるウェブ 2.0アプリケーションサービスの開発者へのインタビューeHub Interviewsチャネルが追加されたことだ。Chang氏とKiesler氏は、サンフランシスコにあるウェブデザインコンサルタント会社Ideacodesの共同創始者兼代表者である。CNET Japanでは、eHubを運営するEmily Chang氏の了解の下、eHub Interviewsを翻訳していく。

筆者Emily Chang氏について

Emily Chang氏は、数々の賞を受賞したウェブインタラクションデザイナー、技術戦略家で、Max Kiesler氏と共同で設立したサンフランシスコのウェブコンサルタント企業Ideacodesの代表者である。ウェブとユーザーエクスペリエンスに関するデザインや技術、次世代ウェブについてのサイトEmilyChang.comの筆者であり、人気のウェブ 2.0リソースであるeHubの作成者でもある。同氏によればeHubとは、日頃使って魅力を感じたり、注目したりしているウェブアプリケーション、サービス、リソース、ブログ、サイトをまとめた個人的なリストなのだという。

※ この記事はクリエイティブ・コモンズ・ライセンス(帰属2.5)の下でライセンスされています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社