お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ソニー、電源のワイヤレス化に成功--50cm離れた機器へ60Wの電力を供給

2009/10/02 12:28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは10月2日、電源コードを接続せずに離れた場所にある機器へ電力を供給できる「ワイヤレス給電システム」を開発したと発表した。60Wの電力を50cm離れた機器へワイヤレスで給電できるという。

 ワイヤレス給電システムは、送電デバイスから供給された電力エネルギーが空間を介し、同じ周波数で共鳴している受電デバイスのみに伝播する磁界共鳴型の非接触給電技術を採用して実現したもの。

 デバイス相互の位置関係がずれていても高効率の給電が可能になるほか、送電・受電デバイス間に金属があっても、その金属が熱くならないという特長を持つ。

 ソニーでは、送電・受電デバイスと同じ周波数で共鳴するレピータデバイスを開発。これを送電・受電デバイス間に配置することで、給電効率を維持したまま、給電距離を50cmから80cmにまで伸ばすことにも成功している。

 今後は、数cm以下から数10cm以上までの広い範囲、かつ小電力から大電力まで、電力供給のワイヤレス化のニーズに対応すべく研究開発を継続していくとのことだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社