お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

地デジ対応着々、残るは録画の環境のみ? 2011年7月24日まであと3年

2008/04/15 12:49
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 地上アナログ放送が終了する2011年7月24日まで、あと3年あまり。地上デジタル放送(地デジ)の普及が加速している。薄型テレビとHDD-DVD レコーダーの地デジ対応率は9割を突破。パソコンでも、デジタルチューナー搭載モデルが目立つようになってきた。対応が遅れていたPC周辺機器のTVキャプチャボードも、近く地デジ対応製品が登場する見通しだ。「BCNランキング」から、主なTV受信機器の地デジ対応状況やこれまでの動きをまとめた。

●選択肢は今やデジタルのみ、PC用の外付けTVキャプチャボードはこれから

 地デジをはじめとするデジタル放送の最大の特徴は、16:9のワイド画面、ハイビジョンによる高画質・高音質。さらに電子番組表やデータ放送、字幕表示などの機能も利用でき、ノイズが少ないクリアな映像が楽しめることだ。08年3月に総務省が発表したデータによると、現在、地上デジタル放送を視聴可能なエリアは全国の約93%にのぼり、地デジのインフラは、ほぼ全国に行き渡ったといってもいいだろう。

【図表と記事詳細はこちら】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社