お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

16mmドライバユニットを採用--ソニーヘッドフォン「MDR-EX700SL」を発表

2007/09/03 19:45
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは、ドライバユニットに大口径の16mmを採用したインナーイヤータイプのヘッドフォン「MDR-EX700SL」を10月20日より発売する。価格は3万6750円。

 MDR-EX700SLは、前機種EX90SLで13.5mmだったドライバーユニットを16mmに変更し、再生周波数帯域4〜28.000Hzまで向上させたことが特長だ。

 16mmユニットを採用したため、ヘッドフォン全体のサイズは大きくなったが、ドライバユニットを耳に垂直に差し込む装着方式「密閉型バーティカル・イン・ザ・イヤー方式」を開発することにより、解決している。

 装着感をより高めるため、イヤーピースには、2種類の硬度のシリコンを組み合わせた新開発素材「ハイブリッドシリコン」を採用。外側にやわらかい素材を用いることで、フィット感を高めている。さらに通常3サイズ程度のものが標準装備とされるイヤーピースのサイズには、直径と高さからサイズが選べる全7種類を用意し、快適装着をサポートする。

MDR-EX700SL ソニー「MDR-EX700SL」。耳へ垂直に差し込む「密閉型バーティカル・イン・ザ・イヤー方式」を採用する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社