お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

世界初32型フルHD液晶テレビが登場--シャープAQUOSに新ラインアップ

2006/12/12 20:03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは、液晶テレビ「AQUOS」のGシリーズに32型フルHDパネルを搭載した「AQUOS LC-32GS10」(アンダースピーカータイプ)、「AQUOS LC-32GS20」(サイドスピーカータイプ)を発表した。発売は12月22日より。

 高精細な映像表現が行なえるフルHDパネルだが、その高精細さゆえ、画面の明るさを確保することは困難だった。そのため小さなサイズへの導入が難しく、従来までは37型が最小フルHDパネル搭載モデルとされていた。

 今回の「LC-32GS10」「LC-32GS20」の登場により、本製品がフルHDパネルを搭載した最小液晶テレビとなる。

 1920×1080のフルHDパネルを採用しながら、コントラスト比は世界最高の2000:1を実現、動画応答性能、視野角にも優れ、視聴環境を選ばない高画質再生が行える。

 また、パネル性能だけでなく、音質面でも強化を図っている。高開口率スピーカーシステムとともに、独自の1ビットデジタルアンプを採用し、原音に近い自然でクリアな音質を再現する。

 AQUOSハイビジョンレコーダーやAQUOSサラウンドにHDMI接続して使用すれば、各機器の操作が一括して行える「AQUOSファミリンク」にも対応。ひとつのリモコンで液晶テレビの電源オンからハイビジョンレコーダーへの録画まで、快適操作が可能だ。

 搭載チューナーは地上、BS、110度CSデジタル×1、地上アナログ×1。HDMI入力を2系統備えるほか、i.LINK(TS)、D4端子などの最新インターフェースを搭載する。

  • AQUOS LC−32GS10(価格:オープン/予想実勢価格:28万円前後)
  • AQUOS LC−32GS20(価格:オープン/予想実勢価格:28万円前後)
AQUOSLC−32GS10、GS20 サイドスピーカータイプのAQUOS LC−32GS20(左)とアンダースピーカータイプのAQUOS LC−32GS10(右)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社