お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

日立、「IPSαパネル」採用の液晶テレビ4機種、37V型のプラズマテレビ1機種を発売

2006/08/10 18:41
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所は8月10日、広視野角の「IPSαパネル」を採用した液晶テレビ4機種および、37V型で「1080ALISパネル」採用のプラズマテレビ1機種を、9月より順次発売すると発表した。

 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビとして発売されるのは、37V型「W37L-HR9000」および「W37L-H9000」、32V型「W32L-H90」、26V型「W26L-H90」の4機種。いずれもIPSアルファテクノロジ製のIPS方式液晶パネル「IPSαパネル」を採用し、上下左右178度の広視野角を実現している。この液晶パネルは、視聴方向や白から黒まで全階調での色調変化が少ないのが特徴だ。

 W37L-HR9000にはダブルデジタルチューナー搭載のHDDレコーダーが内蔵されており、250GBのHDDながら約50時間の長時間ハイビジョン録画を実現しているという。小売希望価格はオープン価格で、発売日に関してはW37L-HR9000が9月15日、W37L-H9000が9月25日、W32L-H90およびW26L-H90は9月1日の予定だ。

 同時に発表されたプラズマテレビは、37V型で世界最高解像度とされる1080ALISパネルを採用した「W37P-H90」だ。こちらも小売希望価格はオープン価格で、発売日は9月1日を予定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社