お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

どう違う? 液晶テレビの「VA」と「IPS」、その特徴と選択のポイント

2006/08/04 11:44
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今や薄型テレビ市場の9割以上を占める液晶テレビ。人気の秘密は画質の向 上だ。見る角度で画面が白くなるなどというのは昔の話。最新モデルは斜めか ら見てもクッキリと鮮やかだ。これを実現するキーワードが「VA」と「IPS」。 いずれも高画質化を支える液晶技術のことで、それぞれに特徴がある。あまり 知られていないが、現在市販されている液晶テレビは、このいずれかの技術を 採用している。そこで、「BCNランキング」での市場動向を交えながら、それ ぞれの特徴などについてまとめた。

 都内近郊にある郊外型量販店のテレビ売り場。一番目立つ通路沿いのスペー スには売れ筋の32V型を中心とした液晶テレビが並ぶ。ここでまず目に入るの が「世界の亀山モデル」をうたったシャープの「AQUOS(アクオス)」。そし て、最近目立ち始めたのが「斜めからでもクッキリ IPS液晶テレビ」などと 「IPS」をうたった液晶テレビの存在だ。

 店員は「以前は液晶テレビと言えば『AQUOS』という来店者がほとんどだっ たが、今ではIPS液晶テレビについてたずねられることも多い」と話す。また、 都内大手量販店の店員も「最近では聞かれる前にIPSについて説明することに している」という。

 この「IPS」とは「In-Plane-Switching=横電界」のことで、液晶テレビの パネル方式の1つ。液晶の弱点と言われていた視野角を改善し、高画質化を実 現するための技術だ。もう1つ主流なのが、「VA」と呼ばれる技術。「Vertical Alignment=垂直配向」の略だ。こうした新技術投入のおかげで、美しい画 面表示が可能になり、液晶テレビは売れ筋商品となったといってもいい。とな ると、実際に液晶テレビ選ぶ際にも、1つのポイントとして、こうしたパネル の種類や特徴について知っておいたほうがよさそうだ。

【図と記事詳細はこちら】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社