お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

富士写、携帯電話機用カメラモジュールを供給開始、光学電子部品事業に参入

2003/10/29 16:08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士写真フイルムは10月29日、携帯電話機向けのカメラモジュール、FM42000を発表した。これまで同社は、CCD素子「スーパーCCDハニカム」を携帯電話機メーカーに供給していたが、今後レンズなどを含むカメラモジュールの形態で部品供給することで、光学電子部品事業への本格参入を図る。

 FM42000は、有効画素数100万画素、最大記録画素数1632×1224(200万画素)のスーパーCCDハニカムを搭載するカメラモジュール。レンズには、同社のFUJINONレンズを採用した。同モジュールの主な仕様は以下の通り。

  • 撮像素子:1/3.8型スーパーCCDハニカム
  • レンズ:FUJINONレンズ(3群3枚)、焦点距離3.9mm(35mm換算36mm)、F4.0
  • マクロ機能:あり(ピント位置7cm)
  • フレームレート:10フレーム/秒(全画素モード、12MHz時)
  • 最低被写体照度:2ルクス(全画素モード時)
  • サイズ:14mm(縦)×12mm(横)×10mm(高さ)。ただしフレキシブル基板は除く。モジュール内に信号処理ICは含まない
  • 質量:約3g
  • 消費電力:210mW
  • 電源電圧:3.2V〜5.5V

 なお同モジュールは、2003年秋以降に発売される携帯電話機向けに供給を開始する。

富士写真フイルムのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社