お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ソニー、トランプサイズのデジタル・ビデオ・カメラを発売

2003/09/03 17:02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーマーケティングは9月3日、幅が39mm、高さが91mmとトランプサイズのデジタル・ビデオ・カメラ「DCR-IP1K」を発表した。10月18日から販売を開始する。希望小売価格は16万円、当初の予定月産台数は7000台。

 総画素107画素のCCDを搭載しており、有効画素数は動画撮影時が69万画素、静止画撮影時は100万画素。レンズ部にはカールツァイスの「バリオゾナー」を採用する。再生メディアは「MICROMV」カセット。本体の重さは230gで、メカデッキの薄型化、メイン基板の集約化などにより、同じMICROMV方式を採用した従来モデル「DCR-IP7」と比較して質量26%、容積を30%減らした。

 液晶モニターは2型(21.1万ドット)。透過型LCDと反射型LCDを組み合わせた半透過型LCDを採用し、晴天時の強い日差しでもモニターを確認しやすくしたという。

 ズーム倍率は光学ズームで10倍、デジタルズームで120倍まで可能。消費電力は3.8W。メモリースティックDuoスロットを備える。

 テレビやパソコンとの接続や、充電を行うためのクレードル「ハンディカムステーション」を付属する。電源端子、AV出力端子、USB端子やi.LINK(MICROMV)端子を備え、DCRIP1Kを置くだけで各機能を利用できる。

ソニーマーケティングのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社