お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ロジテック、すべてのDVD/CDメディアに対応する記録型DVDユニット

2003/07/28 10:44
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロジテック(高木英亮社長)は7月25日、記録型DVDユニットの新モデルとして、市販しているDVD/CDメディアをすべて扱うことができる「DVD-RAM±R/RW(DVDマルチプラス)ユニット」を8月下旬から発売すると発表した。

 新製品は、日立LGデータストレージのドライブを採用したモデルで、IEEE1394 & USB 2.0対応 DuoPort搭載外付型モデル「LDR-H443FU2」(4万1800円)、USB 2.0対応外付型モデル「LDR-H443U2」(3万8500円)、ATAPI対応内蔵型モデル「LDR-H443AK」(3万3300円)の3モデルをラインアップする。

 「DVD−RAM」、「DVD+R」、「DVD+RW」、「DVD−R」、「DVD−RW」と、DVD関連すべてのメディアの書き込みをサポートしているため、

  1. 「DVD−RAM」で民生用DVDビデオレコーダーとの連携を行う
  2. 「DVD+R/DVD−R」でDVDビデオの作成を行う
  3. 「DVD+RW/DVD−RW」でPCデータのバックアップを行う

 ――など、用途に応じてメディアを使い分けることができる。

 また、高速記録対応DVDメディアを使用することで、DVD−RAMメディアの3倍速書き換え、DVD+Rメディアの4倍速書き込み、DVD−Rメディアの4倍速書き込みが可能。

 このほか、DVD+RWメディア 2.4倍速書き換え、DVD−RWメディア 2倍速書き換え、CD−Rメディア 24倍速書き込み、CD−RWメディア 16倍速書き換え、DVD-ROMメディア 最大12倍速読み込み、CD-ROMメディア 最大32倍速読み込みに対応している。

ロジテック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社