お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

マイクロソフト、Reader用電子書籍を無料で提供

2003/07/04 14:27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Microsoftは2日(米国時間)、Microsoft Readerの利用を促進するために、20週間にわたりベストセラーを含む電子書籍(e-books)を無料でダウンロードできるようにすると発表した。

 Microsoftは過去にも、今回と同様のプロモーションを行い、ユーザーのReader利用を促進して、普及度で大きく水を空けられているAdobeのAcrobatソフトウェアから、マーケットシェアを奪い返そうとしたが、 同社eReadingグループのプロダクトマネージャ、Cliff Gurenの話では、今回の新プロモーションはこれまでで最も大掛かりなものとなるという。

 「このソフトウェアを利用して読書を体験したユーザーは、その体験に満足している。だが、私たちはe-booksとMicrosoft Readerの認知度を上げたかった。より多くの人に、この製品を使ってもらいたい」とGurenは述べている。

 Microsoft Readerは2000年8月にデビューし、600万回ダウンロードされている。Microsoftでは、一年前にバージョン2.0をリリースし、それに合わせてReader用のe-booksタイトルをまとめたオンラインカタログも公開した。。

 今回の5カ月に及ぶプロモーションの一環として、ユーザーは1週間に3冊のe-booksを、MicrosoftのWebサイトからダウンロードし、Pocket PC、タブレットPC、ラップトップ、またはデスクトップPC上で、これを読むことができる。無料ダウンロードが可能なタイトルのなかには、Bill Brysonの「A Short History of Nearly Everything」やAmy Tanの「The Joy Luck Club」、Walter Mosleyの「Fear Itself」などが含まれている。

  Gurenによると、Microsoft Reader利用者の約60〜70%は、Pocket PCの保有者だという。Pocket PCはWindows CEオペレーティングシステムを利用した、Microsoftの小型機器向け技術フレームワークで、Pocket PCの商標を冠した携帯端末メーカーにライセンス供与している。

 「Readerソフトの利用者の大部分は、Pocket PCの携帯性に惹かれて、これを使っている。だが、タブレットPCでReaderを使うことに興味を示す人も出始めている」とGurenは述べている。

 Microsoft Readerにとっての課題はセキュリティで、今年1月には、あるソフトウェア開発者がMicrosoft Readerのコピー防止技術を取り外すプログラムをオンラインで公開している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社