お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

“手渡し”で売買できる地域特化のCtoCアプリ「メルカリ アッテ」

2016/03/17 15:51
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メルカリの子会社であるソウゾウは3月17日、自分の周りの地域にいるユーザーと不要品を売買できるスマートフォン向けCtoCアプリ「メルカリ アッテ」(アッテ)の提供を開始した。

「メルカリ アッテ」
「メルカリ アッテ」

 フリマアプリ「メルカリ」を運営するメルカリは、2015年9月に100%子会社であるソウゾウを設立。同社が公開したアッテは、地域コミュニティに特化したCtoCアプリで、自分の周りの地域にいるユーザーと不要品を売買できる。手数料は無料だ。

 アッテでは、スマートフォンのGPS(位置情報)を利用して、自分の近くの情報だけを見ることができる。配送料の高い大型の家具なども、直接「会って」手渡しで取引するといった使い方ができるという。住所やクレジットカード情報などの登録は一切ないとのこと。

 また、「あげます・売ります」「ください・買います」という、もののやりとりに加えて、「貸して・教えて・助けて」「貸します・教えます・助けます」といったスキルやサービスのやりとりや、「仲間募集・イベント」「求人」「賃貸・ルームシェア」など、あらゆる募集の投稿に対応する。

  • 地域コミュニティに特化

  • ものだけでなく、スキルやサービスもやりとり可能

  • スマホに特化した、直観的なUI

 さらにアッテでは、スマートフォンに特化したユーザーインターフェースを採用。写真を撮って一言添えるだけで投稿でき、メッセージングサービスと同じように使える操作感が特徴だという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社