お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

「Windows 10」のシェア、「XP」と「8.1」を上回る--首位は依然「7」

2016/02/02 12:03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 発売から6カ月を経て、「Windows 10」がようやく「Windows XP」と「Windows 8.1」を追い抜き、ウェブトラフィックのシェアで2番目に人気の高いデスクトップ向けOSになった。

 NetMarketShareが米国時間2月1日に報告したところによると、2016年1月のWindows 10の世界市場シェアは、前年12月の9.96%から11.85%に増加した。この最新の数字は、数カ月にわたって伸び悩んでいたWindows 10の普及率が、ここへきて順調に上向いてきたことを示している。

 同時にWindows XPの利用もわずかに増え、前月比約0.5ポイント増の11.4%となる一方、Windows 8.1の市場シェアは10.4%で横ばいだった。

 Windows 10のシェア拡大は、この最新OSがようやくメインストリームから一定の認知を獲得しつつある可能性を示唆している。

 Windows 10への無償アップグレードの有効期限は、2015年7月29日のリリースから1年間となっており、「Windows 7」および8.1のユーザーに残された時間はあと6カ月だ。2016年の夏にその期限が切れた後は、Windows 10の「Home」エディションを入手するのに119ドル、「Pro」バージョンの場合は199ドルを支払う必要がある。

 Windows 7は、1月もデスクトップOSの首位を守った。しかし、シェアは12月の55.6%から52.4%に下がっており、ユーザーがWindows 10に乗り換えつつある兆候がうかがえる。

 現在のところ、Windows 10はオプションのアップグレードという位置づけだが、Microsoftはこのステータスを2016年の早い段階で推奨アップグレードに変更する意向だ。


発売から6カ月を経て、「Windows 10」がようやく「Windows XP」と「Windows 8.1」を追い抜き、ウェブトラフィックのシェアで2番目に人気の高いデスクトップ向けOSになった。
提供:NetMarketShare

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社