お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

アップル、「iOS」端末に「Thunderbolt」搭載を計画か--手がかりは特許出願書類

2012/01/06 10:51

 「iPhone」「iPod」「iPad」を充電したりデータを転送したりするためのケーブルが、近いうちにまたも大きく変わり、これらの作業を高速化できる技術に切り替えられるかもしれない。

 米国時間1月5日午前にPatently Appleが取り上げた公開されたばかりの特許出願書類で、Appleは「Thunderbolt」など給電能力を高め高速なデータ転送技術と組み合わせた新しいタイプのケーブルについて詳述している。

 この特許出願書類では具体的な技術名を挙げるところまで踏み込んでいないものの、提案するケーブルがDisplayPortとPCI Expressをサポートする可能性を示唆している。どちらもThunderboltのアーキテクチャに組み込まれている技術だ。

 提案されたケーブルではデータ転送の高速化に加え、さらに多くの電力を機器に供給する方法も提供されるため、充電にかかる時間を短縮することも可能になる。これは、余分の電力を活用できる端末に対して、より高い電圧を供給するという形で実現する。

 Appleは、2011年2月に「MacBook Pro」ラインにThunderboltを初めて搭載して以来、デスクトップパソコンの「Mac Pro」を除くほぼすべてのコンピュータ製品ラインに同技術を追加してきた。しかし、「iOS」を搭載する同社のモバイル端末はこうしたI/O高速化の恩恵を受けていない。これらの機器はすべてUSB 2.0および30ピンのDockコネクタを利用しており、同仕様は初期のiPodで搭載していた「FireWire」ポートからの移行が始まって以来、この製品ラインの特徴となっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

PRSpecial

なぜ、ここまでグループウェアの社内提案は難しいのか

グループウェアに立ちはだかる、見えない「思い込みの壁」とは?
疑問を整理し、思い込みを解消するポイントを紹介

新作ビデオカメラ特集

新作ビデオカメラ特集
高画質でコンパクトな人気モデルが大集合

G-SHOCKが大集合

G-SHOCKが大集合
タフ&高性能。色々なシーンに頼れる腕時計

はじめての家庭菜園

はじめての家庭菜園
お庭やベランダで夏野菜を栽培してみよう

ウエアラブルデバイス特集

ウエアラブルデバイス特集
身につけるタイプの最新デバイスをご紹介

メンズスタイルブック

メンズスタイルブック
自分にぴったりのスタイルを見つけよう

ゴルフ特集

ゴルフ特集
最新ギアやウェアなど注目情報が満載

特集 by 楽天市場

-PR-企画特集

企画特集一覧

注目コンテンツ

本日の主要記事

注目のキーワード

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社