お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ネット広告によるブランディング効果3つの法則とは? マイクロソフト、ヤフーらが検証

2008/04/21 15:22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビデオリサーチインタラクティブ、NTTレゾナント、マイクロソフト、ヤフーの4社がインターネット広告のブランディング効果に関する調査を共同で実施し、4月21日に結果を発表した。

 4社は調査の結果、インターネット広告にはクリック率やコンバージョンレートを主体とするダイレクトレスポンス効果だけではなく、ブランディング効果もあることが検証されたとしている。

 この検証結果は「インターネット広告出稿によるブランディング効果3つの法則」(PDF)としてまとめられ、無償で公開されている。サマリーは以下の通りだ。

 1.インターネット広告ブランディング効果の法則

  • インターネット広告到達者の29.1%が広告認知
  • 広告認知者の62.0%が広告内容を理解
  • 広告認知者の30.4%を商品購入・利用喚起
  • 広告到達者の広告メッセージ理解は非到達者の1.25倍に
  • 広告到達者の商品購入・利用意向は非到達者の1.15倍に

 2.インターネット広告フリークエンシーの法則

  • フリークエンシー12回に向けて、広告認知・商品認知・商品好意度は上昇
  • フリークエンシー13回以降においても広告メッセージ理解・商品購入利用意向などが上昇
  • フリークエンシー12回の広告到達者は非到達者に比べメッセージ理解が1.55倍・商品購入利用意向は1.35倍に

 3.インターネット広告インプレッションの法則

  • 1000万インプレッション出稿時の広告認知者数は130万人
  • 商品興味・関心喚起者数は57万人
  • 商品興味・利用喚起者数は38万人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社