お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ライブドアがリニューアル、“ブログのためのポータル”へ方向転換

2008/04/07 11:04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大手ポータル各社がこの春一斉にリニューアルを進めるなか、ライブドアが大きな方向転換に打って出た。4月7日に実施したポータルサイト「livedoor」の全面リニューアルで、これまでポータルを構成するサービス群の一つに過ぎなかったブログサービス「livedoor Blog」を中心に据え、“ブログのためのポータル”へと生まれ変わった。

 リニューアルのテーマは、情報源としてのブログの地位向上。そのための強化ポイントとして、「ブログユーザーの利便性の向上」「情報源としてのブログ記事の紹介強化」「書き手としての自己表現の促進」を図る。

新ポータルはまるでブログトップページ

 まず新しいトップページ画面(右下の画像)をクリックしてみてほしい。リニューアルのポイントは下記の9つ。ブログ関連の機能が前面に出ている。

livedoor リニューアル後の「Livedoor」トップページ(クリックすると拡大します)

 1)旬なブロガー: 話題のブロガーをLivedoor編集部がピックアップ。

 2)ブログニュース: 毎日のお題に対して、Livedoor編集部が独自に選んだブログ記事を掲載する。

 3)ブログランキング: ブログ記事のアクセスランキングを掲載する。

 4)ブログキーワード: ブログで最も多く使われているキーワードを抽出してベスト10を表示する。

 5)「ブログを書く」ボタンをページ上部に配置: TOPページ上部中央にブログ記事作成用のボタンを配置する。

 6)写真ニュース: 国内外の最新ニュースを写真で配信する。

 7)世論調査: 誰でも自由にワンクリックで参加できる世論調査。

 8)時事ネタ4コマ: ブログやニュースで話題のネタを題材にした4コマ漫画を毎日配信する。

 9)パーソナルエリア: 50を超えるlivedoorのコンテンツから、よく使うコンテンツのアイコンを自由に並べ替えることができるスペース。

ポータルの未来に不安感

 livedoor Blogの開設者数は2008年3月末現在で約245万人と、国内最大級の規模を誇る。Yahoo! JapanやGoogleなど、総合力や検索で他を圧倒するプレイヤーに、ライブドアが対抗する唯一の手段がブログだ。全面リニューアルを機に、国内トップブログサイトという特長にフォーカスすることで、他ポータルとの差別化を目指す。

080407_livedoor2.jpgライブドア メディア事業部 事業部長 執行役員の田端信太郎氏

 「ポータルとしてやっていくことに未来を感じていない」とライブドア メディア事業部 事業部長 執行役員の田端信太郎氏は話す。「ヤフーさんくらい強ければ違うかもしれないが、いわゆる2番手ポータルみたいなところでは、ポータルだけ考えていても苦しい」

 「弊社だけでなく、他のサイトもある種の閉塞感を感じているだろう。その中で言うと、我々は幸か不幸か、ブログにいち早く取り組んだということもあって、2番手ポータルの中ではブログのユーザー数、トラフィックともに頭2つか3つは飛び抜けていると思う。むしろヤフーブログより多いくらい」(田端氏)

 これまではトップページにユーザーを集めるために、ウェブメールやブログサービスを提供してきたが、2007年7月にウェブメールをGoogleにアウトソースするなど、徐々に従来の総合型ポータルからの脱却を図ってきた。そこに来て今回のリニューアルだ。「より早くブログに舵をきらなければいけないと思っている。ポータルサイトはそこまでの時間稼ぎ、と言ってしまえばネガティブだが…」(田端氏)

 インターネットへの入り口はヤフーやGoogleに押さえられている。そこでライブドアはブログサービスを強化することで、ブログ開設数とページ数を増やし、検索経由からの誘導で勝負する。

 リニューアル後も、まだ“ポータル”という概念は残しているが、それも過渡期的なものだ。livedoor Blogはナショナルクライアントの広告出稿も盛んで、口コミ広告などの事例も重ねてきた。すでに黒字化を達成し、ライブドアのメディア事業の柱になる下地は整っている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社