お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

「オープンソース」×「アート」=?--DIVVY/dualプロジェクトより

2006/10/02 23:08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 東京で「アート」と「オープンソース」をテーマにしたイベントが開催された。これはアート情報サイト「Tokyo Art Beat」とNTTインターコミュニケーション・センター(ICC)研究員のドミニク・チェン氏のコラボレーションで生まれたもので、「Divvy/Dual」というプロジェクトの一環だ。イベントの第1弾では、9月18日から23日まで、銀座一丁目のギャラリー「Space Kobo & Tomo」に、作曲家でメディアアーティストの遠藤拓己氏の作品「Type Trace」が展示された。
 東京で「アート」と「オープンソース」をテーマにしたイベントが開催された。これはアート情報サイト「Tokyo Art Beat」とNTTインターコミュニケーション・センター(ICC)研究員のドミニク・チェン氏のコラボレーションで生まれたもので、「Divvy/Dual」というプロジェクトの一環だ。イベントの第1弾では、9月18日から23日まで、銀座一丁目のギャラリー「Space Kobo & Tomo」に、作曲家でメディアアーティストの遠藤拓己氏の作品「Type Trace」が展示された。
Scroll Right Scroll Left

 東京で「アート」と「オープンソース」をテーマにしたイベントが開催された。これはアート情報サイト「Tokyo Art Beat」とNTTインターコミュニケーション・センター(ICC)研究員のドミニク・チェン氏のコラボレーションで生まれたもので、「Divvy/Dual」というプロジェクトの一環だ。イベントの第1弾では、9月18日から23日まで、銀座一丁目のギャラリー「Space Kobo & Tomo」に、作曲家でメディアアーティストの遠藤拓己氏の作品「Type Trace」が展示された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社