お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

フェイスとタイトー、音楽・映像プロデュースの合弁会社を設立

2006/04/26 11:04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フェイス(平澤創社長)とタイトー(西垣保男社長)は、音楽・映像レーベルのプロデュース&デジタル・ディストリビューション事業を行う合弁会社「ブレイブ」を4月末をめどに設立することで合意した。

 新会社は、「着信メロディのソリューションを創造したフェイス」と「総合モバイルコンテンツの大手企業であるタイトー」が共同で設立する、新しいタイプのエンタテインメント企業。着信メロディやカラオケなど、両社がアプローチできる数百万人の音楽系会員を軸としたプロモーション事業や、コンテンツ配信事業を行っていく。

 また国内外で数百社を超える音楽・映像レーベルと連携し、コンテンツやアーティストのプロデュース、音楽・映像ファンドの組成、音楽アプリケーションや音楽コミュニティの企画開発などを通じて、「発掘型から発信型」「シームレスな音楽環境」をテーマとした音楽流通の新しい仕組みを構築する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社