お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

KDDI、「auオークション」を有料化--金銭被害を補償へ

2005/06/01 18:58
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIと沖縄セルラーは6月1日、au携帯電話向けに「EZweb」上で提供しているモバイルオークションサービス「auオークション」に、出品者の金額的な被害を補償する制度を導入、同時に月額利用料金を設けると発表した。

 同社では、これまでモバイルオークションのユーザーに対して安全に取引するための情報提供などを実施していた。今回提供される補償制度は、代金引き換えで発送した商品を落札者が受け取り拒否した場合に生じる、出品者側の送料と代金引き換え料という金額的な損害を補償するというものだ。

 補償を受けるには、落札額が5000円以上であることや、落札日から14日以内に発送していることなどをはじめとする条件があり、この条件を満たしている場合のみが対象となる。

 月額利用料金は、この補償制度を提供するにあたって導入されるものだ。税込みで315円が、入札や出品、質問できる会員に課せられる。

 また、同社ではオークションのサポートセンターの営業日を平日のみから土日祝日まで拡大することで、ユーザーの利便性を向上させている。月額利用料金および補償制度は7月1日から。月額利用料金の支払い方法は「まとめてau支払い」となっている。

 今回「auオークション」で導入された補償制度および月額利用料は、同サービスを提供しているモバオクが他キャリア向けに展開しているモバイルオークションサイト「モバオク」でも導入される。

KDDI

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社