お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

P・ヒルトン情報流出、別のポルノ映像流出事件と同一グループの犯行か

2005/02/28 17:34
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「暗礁に乗り上げたセレブのポルノ映像をめぐる取引が、T-Mobileハッキング事件解明の鍵を握っている可能性がある」--David Hans Schmidtというメディア関連の代理人が、米国時間25日にこう語った。

 22日夜、Limp Bizkitのリードボーカル、Fred Durstと身元不明の女性が登場するアマチュア撮影のポルノビデオがインターネット上に出回った。アリゾナ州フェニックス在住のDavid Hans Schmidtはセレブのヌード写真販売をビジネスとする人物だが、同氏によると、DurstのPCからこのビデオを盗みだしたハッカーと称するグループが、Durstと取引するためにSchmidtに接触してきたという。このビデオがオンラインに出回ったのは、自称ハッカーらがDurstのと交渉から手を引いた後のことだったと、Schmidtは述べている。

 Schmidtの連絡先もこのビデオとともにインターネット上に流れており、犯人らと交渉していたというSchmidtの主張を裏付けている。

 「Durstのマネージャと1カ月にわたって交渉を進めてきたが、現在話は暗礁に乗り上げている。オンライン窃盗犯らは違法な情報を保持しており、私は彼らの代わりに取引をまとめようとしていた」(Schmidt)

 Limp Bizkitのマネジメントを代行するエージェンシー、The Firmは25日、DurstのビデオとSchmidtの発言に関するコメントを差し控えた。

 Schmidtによると、Durstのビデオを手に入れたと称するハッカーらは、Paris Hiltonが所有していた携帯端末「T-Mobile Sidekick」のハッキングにも関与したと主張しているという。この情報は、同端末を使ったサービスを提供するT-Mobileや、Hiltonの個人情報漏洩事件を調査している警察にとって、突破口を開く可能性がある。

 Schmidtは、25日に警察と連絡をとり、調査に対し全面協力するつもりだと述べた。「私はハッカーを名乗る人物が指定した連絡先を知っているし、銀行口座情報もある」とSchmidt。「私は彼ら全員の処分を求めている」(Schmidt)

 これに関し、T-Mobileの広報担当者は、T-Mobile Sidekickから今回のビデオが盗まれたやり方が、Hiltonの場合と似ているという報告は「正確ではない」と述べた。同社は現在この主張の真偽について調査中で、いくつかの誤りを発見したという。

 「Fred DurstはT-Mobileの加入者ではない」と同社広報のBryan Zidarは述べる。「問題となっているビデオは、Sidekickから流出したものではない。Sidekickにはビデオ機能はない。また、あのビデオは携帯端末では実現できない解像度だ」(Zidar)

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社