お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

アマゾン、画像付き地図検索サービスのベータ版を提供開始

2005/01/28 15:34
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazon.comは、米国でさまざまな街の地図作りを進めているが、この背景には人々を地元の商店に送り込もうという大胆な野望がある。

 このプロジェクトを進めているのは、Amazonの検索技術開発部門A9.comで、いずれは商店街の店頭や周辺の様子を撮影したデジタル画像を、全米の1400万件を超える企業情報と組み合わせて提供したいと考えている。同社は米国時間27日にこのサービスの第一弾として「A9.com Yellow Pages」のベータ版を公開したが、これにはサンフランシスコやシアトル、シカゴ、ニューヨークなど10都市の街頭写真2000万枚が含まれている。

 サイトには、住所や電話番号、顧客の評価、地図、写真などの店舗情報が掲載されている。また「block view(近所の様子)」という機能を使えば隣接する会社や近隣の様子を写した画像を見ることが可能だ。

 「ユーザーは、掲載された情報を読むだけでなく、画面上で好きな方向に進んでいくことができる。これが、このサービスの使い方である」とA9責任者のUdi Manberはインタビューのなかで語った。

 このサービスを実現するために、A9は屋根の上にデジタルビデオカメラをくくりつけた数台のバンを使って、街頭の様子を撮影した。このカメラはGPS端末と連動しているため、A9は、ハードディスクに保存された動画と住所のマッピングを行うことができる。さらに、独自のソフトウェアを使ってGPSの不正確な情報を修正することも可能だ。

 これまでにA9は、サンフランシスコやニューヨーク、アトランタ、ボストン、シカゴ、ダラス・フォートワース、デンバー、ロサンゼルス、シアトル、ポートランド(オレゴン州)の10大都市圏をまわり、およそ100万店舗分の写真を撮影したという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社