お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ソフォス、2004年1月の月間トップ10ウイルスを発表

2004/02/03 10:37
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフォス(本社・横浜市、アラン・ブロデリック社長)は2月2日、2004年1月におけるコンピュータウイルスの報告数を集計した「月間トップ10ウイルス」を発表した。1月の「月間トップ10ウイルス」は以下の通り。


1位「W32/MyDoom-A (MyDoomワーム)」25.1%[新規]
2位「W32/Bagle-A (Bagleワーム)」16.3%[新規]
3位「W32/Sober-C (Sober亜種)」9.9%
4位「W32/Dumaru-A (Dumaruウイルス)」5.3%
5位「W32/Mimail-J (Mimail亜種)」3.1%
6位「W32/Mimail-A (Mimail亜種)」2.7%
7位「W32/Mimail-K (Mimail亜種)」2.6%
8位「W32/Mimail-C (Mimail亜種) 」2.2%
9位「W32/Mimail-I (Mimail亜種)」1.0%
10位「W32/Klez-H (Klez亜種)」0.8%

 1月下旬に発生した2種の新ワームが上位を独占した。1位となった「MyDoom」ワームは、SCOのウェブサイトへサービス拒否(DoS)攻撃をしかけ、大量のメールを送信するという被害を引き起こした。1月26日に発生したにもかかわらず、2004年1月にソフォスのカスタマーサポートセンターに寄せられた報告の4つに1つはこのワームに関するものだったという。

 また、1月中旬に発生した「Bagle」ワームは、火星探査機である「Beagle」の名前に似ていることから活動の寿命は短いと予測されたが、活動停止の1月28日まで猛威を振るい、ランキングでは2位まで上昇した。

 ソフォスでは、1月に608の新規ウイルスを検知・駆除対応し、現在、8万7419件に達している。

 なお、同社は1月中に報告を受けたウイルス偽情報も発表した。ワースト5は以下の通り。

1位「Hotmail hoax」15.2%
2位「Meninas da Playboy」15.0%
3位「Budweiser frogs screensaver」11.1%
4位「A virtual card for you」 6.8%
5位「Bonsai Kitten」6.2%

 「Hotmail hoax」が、2004年に入ってもトップを維持している。同社では、メールサーバーの貴重なリソースを守るためにも、法人組織に対し偽ウイルス対策ポリシーを策定するよう呼びかけている。

ソフォス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社