お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

丸善、マイクロソフトなど4社、大学向け講義支援システム提供で協業

2003/09/08 15:51
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 丸善、ニュー・メディア・エデュケーション・システムズ、デルコンピュータ、マイクロソフトの4社は9月8日、ウェブベースの大学向け講義支援システム「ジャンザバーIMS」の販売などで協業すると発表した。4社では、「同システムを使用すると、教員と学生のあいだで双方向コミュニケーションを実現し、対面講義の効果を高められる」としている。

 これにより今後丸善は、Microsoft Windows Server 2003とMicrosoft SQL Server2000にニュー・メディアのジャンザバーIMSを組み合わせたシステムを構築し、大学向けに販売する。さらに、同システム対応インテグレーションサービスの提供も始める。インフラは、デルがIAサーバ「PowerEdge(パワーエッジ)」を中核としたシステムの提供/保守を行う。さらに4社は、セミナーやジャンザバーIMS導入事例の見学会などを全国各地で共同開催する。

 ジャンザバーIMSは、北米で1000校以上の大学が採用しているeラーニングプラットフォーム。国内でも、正式リリースから1年あまりで10校以上が導入したという。

 4社は協業活動の第一弾として、東京のアルカディア市ヶ谷で開催される「平成15年度 大学情報化全国大会」の展示会(9月10日、11日)において、デルのブースでジャンザバーIMSを出展する。

デルコンピュータのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社