お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

リアルプレーヤー、ボーダフォン端末に搭載へ

2003/06/30 12:08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米RealNetworksは29日(米国時間)、イギリスの携帯電話大手Vodafoneから提案を受けていた、一部機種へのオーディオ・ビデオ再生機能の供給に合意したと発表した。

 この契約によって、VodafoneはRealNetworksのメディア再生技術を自社のVodafone Liveサービスに利用できるようになる。このサービスは、加入者に着信音やインタラクティブゲーム、さらに将来的にはゆくゆくはオーディオやビデオのコンテンツを提供するというもの。同社では、来年はじめまでにはヨーロッパの加入者に対して、RealNetworksの技術を使ってエンコードしたメディアコンテンツの配信を計画している。

 RealNetworksの代表者によると、Vodafoneは、まずNokiaの60-シリーズの携帯電話端末に、これらの機能を提供する予定。

 今回の提携は、RealNetworksが携帯電話会社と交わす最新の配給契約となる。今年はじめから、同社は携帯電話大手のEricsonの端末向けにメディア再生技術を提供したり、米AT&T Wireless、Cingular、およびT-Mobileの加入者が利用中の、Nokiaの3650にストリーミングで番組を配信する契約を結んできている。

 さらに、RealNetworksは去年から、自社の会員向けサービスであるRealOneから、MicrosoftのPocket PC オペレーションシステムが動くモバイル端末へストリーミングでの番組配信を行っている。

 天敵Microsoftから市場シェアを奪おうとしているRealNetworksにとって、携帯電話会社との契約は非常に重要である。ここ2、3年間に、デスクトップPC市場で、Microsoft Windows Mediaの再生・エンコード技術がシェアを奪うのを目にしてきたRealNetworksは、比較的新しいモバイル領域が拡大期に入ったと読んでいた。

 「携帯電話は米国やカナダの消費者をのぞけば、PCよりもはるかに重要な役割を担っている」と、RealNetworksのマーケティング担当副社長であるDan Sheeranは述べた。

 この契約についての金銭面の詳細は明らかにされていないが、RealNetworksは自社のメディアプレイヤーが同梱された電話機1台つにつき25セントを得ることになる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社