お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

マイクロソフト、レンタル事業者を対象にしたライセンスプログラムを提供開始

2007/12/05 20:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは12月5日、PCやサーバーのレンタル事業者を対象に、マイクロソフト製品のレンタル利用を許諾するサービスプロバイダ向けライセンスプログラム「SPLA(Services Provider License Agreement)2.3」の提供を開始した。

 SPLA2.3は、Windows Vista、2007 Office system、Forefront、Windows Server 2003など、PCやサーバーのレンタル事業において利用できるほぼすべてのマイクロソフト製品を提供するライセンスプログラム。

 マイクロソフトでは、OEM、パッケージおよびボリュームライセンスプログラムで購入した同社製品のレンタルやホスティングでの使用を禁止しており、これまで、一部のレンタル事業者のみを対象とする「デスクトップレンタルプログラム」で、限定的なレンタル利用を許諾してきた。

 今回のSPLA2.3の提供開始により、より幅広い事業者が、これまで対象外であったMicrosoft Windows Vistaなどオペレーティングシステムを含めたマイクロソフト製品のレンタル事業に参入し、事業を展開することが可能になる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社