お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Eclipse、Aperiをストレージ管理プロジェクトで受け入れ

2006/09/11 13:09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Eclipse Foundationは米国時間9月7日、オープンソースストレージ管理プロジェクトでオープンソース団体Aperiを正式に受け入れることを明らかにした。AperiはCisco Systems、IBM、Novellなどの企業に支持されている団体で、Storage Networking Industry Association(SNIA)が策定した仕様に基づく、ストレージ管理システム用の標準化されたオープンソースコードを開発しようとしている。

 SNIAはストレージ管理業界の大手企業が参加する業界団体。AperiはSNIAの参加企業の一部で構成されている。Eclipse FoundationはもともとIBMが設立したものだが、現在は複数のオープンソースプロジェクトを監督する独立した組織になっている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社