お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

マイクロソフト、Office向けBI機能を強化

2006/06/06 15:52
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、「Microsoft Office」のアドオン機能として分析およびプランニングアプリケーション「Office PerformancePoint Server 2007」を提供する計画だ。これは、ビジネスインテリジェンス(BI)専業ベンダーから企業顧客を奪う動きとなる。

 Office PerformancePoint Serverは、ナレッジワーカーが情報を活用して意思決定を行うのを支援する各種プログラムをセットにしたもの。2007年半ばにリリース予定という。

 同製品は「Biz Sharp」という開発コード名で呼ばれてきたもので、データの分析、事業の状態を測定するスコアカードの作成、プランニングアプリケーションなどのツール群とサーバ機能で構成される。

 MicrosoftのOffice Business Applications担当コーポレートバイスプレジデントのLewis Levin氏によると、エンドユーザーは、Excel、SharePointポータル、Outlookからこれらアプリケーションにアクセスできるという。

 「われわれは、BIはほぼすべての従業員が利用すべきだというビジョンを持っている」とLevin氏は述べる。これには、「自分の時間をどのように利用するかを判断する力がある」人すべてが含まれるという。

 MicrosoftはこのところBI戦略を拡大しており、今回のOffice PerformancePoint Serverはその最新の動きとなる。

 BIツールは、定期レポートの作成や、データの分析を行えるもので、通常、専業ベンダーがスタンドアロン製品として提供することが多い。

 Microsoftは、自社のOffice製品とデータベース製品ラインをBI機能で強化し、パートナー関係にある既存のBIベンダーの市場を奪おうとしている。

 「(Office PerformancePoint Serverのリリースにより)幅広い業種にアプローチしてきたBIベンダーの市場には、一種の緊張が生まれるだろう」とLevin氏は認めている。

 「われわれはBI分野における投資を完了しつつあるため、これらのベンダーは懸念とともにこの状況を見守ることになるだろう」(Levin氏)

 その一方でLevin氏は、既存ベンダーは、業界特化型アプリケーションのように、さらに特化した製品をMicrosoftのインフラ上に付加することができる、とも述べた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社