お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

マイクロソフト、新ファイルシステム「WinFS」を開発者に公開

2005/08/30 11:22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間29日、新しいWindowsファイルシステムのテストバージョンをリリースして開発者らを驚かせた。

 同社は「WinFS」というこのファイルシステムのテストバージョンを「Microsoft Developer Network(MSDN)」のメンバーに公開した。同社によると、WinFSが実装されればデスクトップファイル検索機能が改善されるという。

 Microsoftは当初、WinFSを次期Windowsとなる「Windows Vista」(開発コード名:Longhorn)に合わせてリリースする予定だった。しかし、同社はおよそ1年前、同OSを2006年に出荷するため、LonghornではWinFSの採用を見送ると発表し、Longhornの出荷時点ではWinFSはベータ版になるとしていた。

 これを受け、同ファイルシステムのテストバージョン公開が来年以降になる、との印象を抱いた人間も多かった。しかし、WinFSのある開発者の考えでは、大幅に遅れた同システムのスケジュールはとくに早まっていないという。

 「WinFSのスケジュールが早まっているとは到底言えない」と、新ファイルシステムのプログラム管理ディレクターを務めるQuentin Clarkは述べている。

 WinFSは当初、Longhornのデスクトップファイル検索を実現する手段として宣伝されていた。だが、現在では各デスクトップアプリケーションが共通レポジトリに格納された情報を利用する手段としての、このファイルシステムのメリットに重点が置かれている。WinFSでは、たとえば電子商取引アプリケーションに出荷情報を入力する代わりに、集中管理された住所録から自分のカードをクリックするだけで、情報が適切な場所に転送されるようになると、Clarkは説明した。

 Microsoftは、MSDNサイトに公開した開発者向けのメモのなかで、WinFSはローカルPCやネットワーク上に保存された情報を見つけやすくするためのツールだと説明している。

 今回リリースされたテストバージョンは、開発者がファイルシステムの仕組みについて感触をつかみ、共通レポジトリ機能の利用方法について検討できるようにするためのものだ。

 Clarkは、同ファイルシステムの正式版の出荷時期を明らかにしなかったものの、「複数のベータ」を投入する計画があると語った。同氏は、今年はこれ以上リリースを行わないとした上で、来年は新しいベータ版あるいは「Community Technology Preview」という形を含め、複数のリリースを投入予定であると述べた。

 Clarkによると、正式版出荷時には、WinFSはWindowsのアドオン形式になる可能性が高いという。マイクロソフトは現在「.NET Framework」を同じような形で提供しているが、このやり方では、開発者が.Netを必須とするプログラムを書いても、個々のユーザーが必要なフレームワークコードをダウンロードするか、企業が従業員にマシンを提供する際にこれをインストールしなければ、そのプログラムを動かすことはできない。Clarkはさらに、一部のコンピュータメーカーが新しいPCにWinFSをプレインストールする可能性もある、と述べている。

 29日にリリースされたベータ版はWindows XPに対応し、HomeおよびProfessionalの両エディションを正式にサポートしている。また、Tablet PCやMedia Center版にも対応するはずだが、これらのOSではWinFSのテストが十分に行われていない。Clarkによると、MicrosoftがWinFSをXPのアドオンとして提供することにしたのは、開発者の大半がWindows XPを利用しているからだという。Clarkによると、WinFSをVistaに搭載して動かすことが次の目標になるが、Vistaをサポートするためだけにベータ投入を遅らせたくない、というのが同社の考えだという。

 Clarkは、「いったんコードを安定させ、ベータをリリースには今がちょうど良いタイミングだと考えた」とし、今回のテストバージョンに対するフィードバックでWinFSの次のステップが決まると付け加えた。

 しかし同氏によると、MicrosoftはWinFSの正式版がどのOSをサポートするについてはまだ決定していないという。同社は、WinFSの正式版投入時に、Windows Vistaのサポートを必須とすることに技術的に魅力的な理由があると判断するか、もしくはVista搭載PCが市場に十分に普及していれば、WinFSのリリースをVistaに限定する可能性もあるという。

 「WinFSをリリースするまでには、XPをサポートする必要がないほど十分な数のWindows Vistaが市場に出回っている可能性もある」(Clark)

 調査会社Directions on Microsoftのアナリスト、Michael Cherryは、WinFSのテストバージョンをリリースすることは、たとえそれが正式版にほど遠い状態であっても、Microsoftにとってある程度理にかなっていると言う。

 「いずれは開発者にコードを渡す必要がある。今の時期に渡すのはある意味で理にかなっている」と同氏は述べ、Microsoftが来月ロサンゼルスで大規模な開発者会議を予定している点を挙げた。

 しかし同氏は、WinFSがWindowsのアドオンとして公開される可能性が高いことについて期待はずれだと述べ、これでは必要なソフトウェアをユーザーが搭載済みかどうか判断できず、開発者にソフトウェアを書くよう説得するのが困難になるとした。

 「.Netフレームワークのようなことをすれば、導入の手間が増え、導入の速度が落ちるだけだ」(Cherry)

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社