お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

凸版印刷、国内初、ASPを核に「ギフトカード」導入総合支援サービスを開始

2005/06/21 10:56
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 凸版印刷(足立直樹社長)は、国内初の「ギフトカード(カード型商品券)」導入総合支援サービスを今夏から開始する。初年度に、サービスの利用企業30社、ギフトカードの発行枚数300万枚、約3億円の売上を目指す。

 今回、提供する「ギフトカード」は、紙ではなくプラスチックカード型の商品券。カード自体ではなくサーバーで価値(=残高)を管理するプリペードカードで、米国では90年代半ばから普及し、すでに8割近くの小売業が導入している。同様に、今後国内でも新たなギフト市場として「ギフトカード」の普及が見込まれることから、同カードの発行支援をワンストップで提供する導入総合支援サービスを開始することにした。

 「ギフトカード」の残高管理センターのASPサービスを核とし、導入に向けてのコンサルティングから、カード製造・発行、セールスプロモーション、バックオフィス業務まで、これまで培ってきたノウハウを生かしてサポートする。

 また、トッパン・エヌエスダブリュ(多田芳昭社長)と富士通エフ・アイ・ピー(太田幸一社長)をビジネスパートナーとして、販売や導入サポートを共同で展開していく。ASPサービスの開発・運用は、流通業やクレジット業務、EDI、ITアウトソーシングでの実績やノウハウをもつ富士通エフ・アイ・ピーが担当する。

 凸版印刷では、各企業のニーズに合わせた最適なサービスの提供に向け、今後も継続的に新機能の開発に取り組んでいく方針。

凸版印刷

トッパン・エヌエスダブリュ

富士通エフ・アイ・ピー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社