お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

日立、e-文書法対応の文書電子化ソリューションを4月に提供開始

2005/03/29 14:55
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所は3月29日、e-文書法対応の文書/帳票電子化ソリューション「e-文書ソリューション」の提供を4月1日に開始すると発表した。文書/帳票のライフサイクル分析から、電子化の指針や保存形態のコンサルテーション、長期保存システムの設計/構築まで、6種類のメニューを用意する。価格はいずれも個別見積もり。

 同ソリューションは、大きく分けて「e-文書システム導入コンサルティングサービス」と「e-文書管理システム・ベストプラクティススイーツ・サービス」という2つのサービスで構成される。前者では、企業における各種文書/帳票の利用形態や特性といったライフサイクルに応じ、電子化の指針や保存形態のコンサルテーションを行う。後者では、より高いセキュリティレベルを持ち、電子化した各種文書/帳票の原本性を保証できるe-文書管理システムの設計、構築を行う。

 6種類のサービスメニューは以下の通り。

【e-文書システム導入コンサルティングサービス】

  • e-文書管理診断サービス
  • e-文書システム導入コンサル

【e-文書管理システム・ベストプラクティススイーツ・サービス】

  • e-文書管理システム方式・構成設計サービス
  • e-文書管理システム運用設計サービス
  • e-文書管理システム詳細設計サービス
  • e-文書管理システム構築サービス

 同社は、各種文書/帳票の電子化代行や、紙文書自体の保管/廃棄といったアウトソーシングサービスも提供する。

 なお、電子化した文書/帳票の改ざん防止および非改ざん証明には、同社が開発した電子署名の真正性を保証する技術であるヒステリシス署名を採用した。

 「膨大な文書/帳票の管理コスト低減や電子化による検索効率の向上、情報共有化の促進を実現するほか、将来想定されるe-文書を活用した企業間商取引などにも対応可能となる」(同社)

日立製作所のプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社